2021.11.16

NHK杯連覇の坂本花織に迷いなし。大技はなくても「自分を超える演技ができる」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●写真 photo by Noto Sunao(a presto)

 NHK杯で2連覇を果たした坂本花織が、3年ぶりにグランプリ(GP)ファイナル進出を決めた。今大会は、優勝候補だったロシアの4回転ジャンパー、アレクサンドラ・トゥルソワと、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器にする紀平梨花のふたりがケガの影響で欠場。強豪スケーターが不在だったが、大きなチャンスをしっかりとものにしたのが坂本だった。

NHK杯で2連覇を果たした坂本花織NHK杯で2連覇を果たした坂本花織 この記事に関連する写真を見る 「連覇と言われますが、正直、昨年のNHK杯はほぼ日本人だけの試合だったので、あまりGPという感じはしなかった。今回はGPで優勝したなという実感がありました。シニアに上がって、2018年の四大陸選手権以来の『君が代』を(自分が)流したのが、すごくうれしくて、じわーっときました......。振り返ると、(平昌五輪シーズンからの)この4年間はいろんな寄り道をしたなと思いました」

 GP2戦目となるNHK杯で掲げた目標は、ショートプログラム(SP)とフリーで「ノーミス演技をすること」。初戦のスケートアメリカで、自身の武器である3フリップ+3トーループの連続ジャンプをSPで失敗したことが響いて、わずかな得点差で表彰台を逃していたからだ(総合4位)。

 少しの取りこぼしが勝負の行方を左右することを痛感した21歳は、同じミスをしないと固く誓い、わずかな期間だったが、曲掛け練習を、胸を張れるほどこなしてきた。それが結実して今季ベストを更新する演技を披露してみせた。

「この大会でSPとフリーを揃える目標は達成でき、スケートアメリカよりも点数を更新できたことはすごくよかったです。SPもフリーも今季のシーズンベストを更新して、合計223(.34)点を出せました。

 細かく見ると、フリーはレベルを落としていないですが、ジャンプで回転不足やエッジ不明瞭の2つの(減点)マークがついてしまったり、SPではステップがレベル3だったり、まだまだそこをクリーンにすれば、(GOE)加点も伸びると思うし、自分自身を超える演技ができるんじゃないかなと思っています。まだ直す部分がたくさんあるなと思いました。