2021.11.22

「自分は今何をすればベストか」。鍵山優真がGPファイナルへ1位進出。好結果の背景にある冷静さ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Getty Images

GPシリーズ・フランス杯で優勝し、GPファイナル出場を決めた鍵山優真GPシリーズ・フランス杯で優勝し、GPファイナル出場を決めた鍵山優真 この記事に関連する写真を見る  12月のグランプリ(GP)ファイナル1位進出を決める、シリーズ2勝目。11月19、20両日に開かれたGPシリーズ・フランス杯男子シングルを制した鍵山優真(オリエンタルバイオ/星槎)は、フリー演技を終えると悔しそうな表情でリンクから上がった。

 そして、その心中をこう話した。

「(フランス杯は)初めてのGPシリーズの大会なので優勝できたことはうれしいですが、演技に関しては後半がひどかったので......。できることなのにミスしてしまったのは、気持ちだったり根性が足りないのかなと思います。なのでうれしいか悔しいかで言えば、すごく悔しいです」

 フリーで逆転優勝を果たした3週間前のイタリア杯では、ショートプログラム(SP)は最初の4回転サルコウの着氷を乱すと、次の4回転トーループからの連続ジャンプにも影響して3回転の単発になり、80.53点で7位と思わぬ発進になった。

 その失点を挽回すべく、「ショートはノーミス」と決意して臨んだ今大会では、冒頭のジャンプを4回転サルコウ+3回転トーループにし、次を4回転トーループ単発にする構成に変更した。その連続ジャンプのセカンドは着氷で少しだけブレたが、GOE(出来ばえ点)は2.92点の加点。そして4回転トーループは3.66点の加点と、安定の滑り出しをした。