2021.11.26

宮原知子が振り返るフィギュアスケートとの出会いとこれまでの競技人生。「教室でもかなり変わっている生徒でした」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

フィギュアスケート・宮原知子
インタビュー前編「フィギュアスケート人生」

11月上旬に開催されたGPシリーズ・イタリア杯の宮原知子11月上旬に開催されたGPシリーズ・イタリア杯の宮原知子 この記事に関連する写真を見る
 宮原知子(23歳、木下グループ)は、現役日本女子フィギュアスケート選手として比類のない実力・実績の持ち主である。

 全日本選手権4連覇は金字塔であり、10大会連続6位以上という記録も瞠目(どうもく)に値する。グランプリ(GP)ファイナルでは2度、2位に入り、世界選手権には5度出場し、四大陸選手権では優勝の経験がある。そして2018年の平昌五輪に出場し、日本選手最高位の4位という成績を残している。

 記録もそうだが、「記憶に残る表現者」と言えるだろう。研ぎ澄まされたスケーティング技術は完璧性を感じさせ、レベル4連発でほとんど隙がない。世界中から絶賛を受け、氷上の芸術の域にまで入っている。

 スケート人生に芯が通っているというのか。江戸時代に厳しくしつけられた上級武士の娘のように、自分を律した言動が目を引く。迷いがなくなるまでの地道な鍛錬が、たおやかさとなってにじみ出るのだ。

 来年2月の北京五輪に向け、女子フィギュアスケート界をけん引してきた宮原はどのような心境か?

 GPシリーズ、イタリア大会から帰国した彼女はひとり、英気を養っていた。リモートでのインタビュー。律儀な彼女は、一つひとつの質問に丁寧に答えている。