2021.11.15

宇野昌磨「今はワクワクしています」。NHK杯で掴んだジャンプの手応え「もうひとつ前に進める」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

NHK杯SP演技の宇野昌磨NHK杯SP演技の宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る  11月12〜14日に開催されたフィギュアスケートのGPシリーズ・NHK杯で3年ぶりに優勝した宇野昌磨。獲得した合計290.15点は2019年四大陸選手権の289.12点以来、新ルールでの自己最高得点だった。その結果に宇野は胸を張った。

「この大会というよりも今季のこれまでの3試合をとおして、やっと世界に通用することができる選手に戻ってきた。世界のトップを狙える位置にいるんだなと感じることができました」

 試合前日の取材では、この1年間の成長を問われた。

「すべてです。別人ではないけど、本当に今はすべてが向上している。技術的にも精神的にもスケートにうまく向き合うことができているし、うまくなりたいという気持ちも強くなりすぎず向き合うことができています」

 宇野は自信を秘めた口調でそう話していた。NHK杯初日のショートプログラム(SP)は前戦のスケートアメリカを13.51点上回る102.58点で3シーズンぶりの100点台。しかし、演技後に口をついて出たのは悔しさだった。

 本来の力強さが戻ってきているうえに、しなるような柔軟さも加わってきた滑り。きれいに決めた最初の4回転フリップだけでなく、すべての要素で高い加点をもらっていたが、2本目の4回転トーループ+3回転トーループが4回転+2回転になってしまった。以前から何度もしていたミスだった。