2021.10.04

宇野昌磨「打ちのめされようがやりたい」。高難度の構成への挑戦を決意したワケ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

ジャパンオープンで新フリーを披露した宇野昌磨ジャパンオープンで新フリーを披露した宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る  10月2日、さいたまスーパーアリーナで開かれたジャパンオープン。男子の最終滑走者として、初披露となるフリープログラム『ボレロ』を滑り終えた宇野昌磨は、自分自身に伝えるように「うん、うん、うん」と、何度も小さくうなずいた。そして、その意味をこう説明した。

「できすぎることもなく、できなさすぎることもなく......、自分の今できるジャンプを試合でやることができたんじゃないかな、と。少し緊張して力が入る部分や不安で体が動かなくなる部分。いろんな状況下で、できることはしっかりできたかなと思いました」

 演技前日の公式練習のあと、宇野は、今季のフリーは4回転ジャンプをループとサルコウ、フリップにトーループ2本と、4種類5本の構成にすると明言。「ジャンプをメインに考えていた」という滑りは、出だしからやや重苦しさがあった。最初の4回転ループは4分の1の回転不足となって転倒すると、次の4回転サルコウはパンクして2回転になり、4回転トーループは前につんのめる着氷になって予定していた連続ジャンプにできなかった。

 だが、曲調が変わる後半になると、宇野らしいキレのある滑りになってきた。コレオシークエンスで勢いをつけると4回転フリップをしっかり降り、4回転トーループ+2回転トーループと、トリプルアクセル+オイラー+3回転フリップも確実に決め、そのあとのスピン2つと最後のステップはレベル4とした。技術点は93.07点にとどまったが、合計は181.21点で出場6選手中トップになった。

「一本一本やった時の確率は上がっていても、プログラムを通した時のループとサルコウの2つのジャンプはなかなか安定しないので。それを次の試合へ向けて、どう改善するか練習していくのが僕の課題になります。今回、後半はいいジャンプを跳ぶことができ始めていたので、このあとの試合でも前半で失敗しても後半は崩れない基盤となるプログラムを作っていけたらいいと思う」