2021.10.04

宮原知子「悪影響になるかもしれない」。それでも大技に挑戦し、自分攻略を目指す

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

10月2日、ジャパンオープンでフリー『トスカ』を演じる宮原知子10月2日、ジャパンオープンでフリー『トスカ』を演じる宮原知子 この記事に関連する写真を見る 「トリプルアクセルは、自分のなかで新しい挑戦で。一応、立てるところまではきたので、挑戦したいという思いで試合に入ることにしました。完璧に降りられているわけではないですが、少しずつでも精度を上げて頑張っていきたいな、と思います」

 ジャパンオープン前日のリモート会見、宮原知子(23歳、木下グループ)は丁寧に言葉を選びながら、トリプルアクセル導入の経緯を説明した。スケーティングを極めることで勝負してきた宮原にとって、大技に取り組むことはひとつの賭けだろう。当然、リスクもつきまとうが、来年の北京五輪に向けて各選手が続々と大技に取り掛かるなか、彼女自身も大一番に打って出た。

「アクセルを入れるからといって、特別に変化はないです。むしろ今までどおり、しっかりした練習をして。体調管理や体のケア、食事も気をつけていきたいと思います」

 宮原は整然と言う。もしトリプルアクセルをルーティーンに組み込み、その精度を高められたら----。そもそも、彼女はそうして数々の技を改善し、研ぎ澄ましてきた。

 挑戦の成功は、いつだってトライ&エラーで成立しているのだ。