2021.04.17

宇野昌磨、大技失敗の無念を胸に刻む。「成長できる幅がある」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 高橋 学●写真 photo by Takahashi Manabu

4月16日、国別対抗戦フリーの宇野昌磨。3A +4Tに挑戦したが決まらなかった4月16日、国別対抗戦フリーの宇野昌磨。3A +4Tに挑戦したが決まらなかった 「決していい(状態)とは言えないですね」

 世界フィギュアスケート国別対抗戦、大会前日の公式練習後、リモート会見に出てきた宇野昌磨は包み隠さずに言った。

「先日、靴を変えまして。前の靴は、(3月の)世界選手権までもつようにギリギリで調整して履いていたんです。それで限界が来てしまって、(国別対抗出場で)急遽、靴を変えることになって。世界選手権でシーズンを終えるつもりでいたんですが......」

 ナイーブな競技だけに、スケート靴の交換は影を落としていた。ジャンプの感覚が合わない。コロナ禍の調整で体だけでなく、心が疲弊する中、一度、オフにしかけた気持ちをつなげるのも簡単ではなかった。

「今日(大会前日)の練習をしている中で、3A(トリプルアクセル)+4T(4回転トーループ)をやっているときだけ楽しかったです。フリーで挑戦できたらいいな、と。他のジャンプに比べて回転も回っていて、悪くない印象なので」

 そう語った宇野は、どこか手探りの様子だった。3A+4Tという世界で誰も成功していない大技を旋回軸にすることによって、何とか羽ばたこうとしていた。