2021.04.16

羽生結弦、自身の「成長を感じる」。生き生きとした狙いどおりの演技

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋 学●写真 photo by Takahashi Manabu

15日、SPで2位スタートとなった羽生結弦15日、SPで2位スタートとなった羽生結弦  世界フィギュアスケート国別対抗戦初日の4月15日。昼前から行なわれた公式練習で、羽生結弦の表情には集中力の高まりが見えた。

 前日にはややズレがあるように感じられたトリプルアクセル(3A)。この日の公式練習では、最初に挑んだ3Aはパンクしたものの、4回転トーループ+1オイラー+3回転サルコウを跳んだ後の3Aはきれいに決めた。さらにイーグルからつないだ3Aも余裕を持って降りて納得するような表情を見せると、4回転ジャンプをきっちり跳んだ。

 曲かけ練習が始まると、4回転サルコウと4回転トーループ+3回転トーループをきれいな軸で決める。そして、位置をイメージしながら移動して、つなぎやスピンの動きを確認していた。

 再度3Aをきれいに決めて納得したのか、羽生はSPのスタートから3Aを跳び終えるまでのコースをゆっくり滑りながら動きを確かめて頷き、練習終了のアナウンスがあるまでリンクの外周をゆっくり回りながら集中力を高めていた。

 そうした余裕のある雰囲気は本番でも変わらなかった。冷静でありながらも気持ちが入った表情で滑り出すと、前半の4回転をしっかりと決める。つなぎも含めて計算された滑りでノーミスも見えてきたが、最後のジャンプだった3Aは前につんのめり、ぎりぎりで耐える着氷になってしまった。

 結局、その3AはGOE(出来ばえ点)で0.64点減点され、得点は107.12点。