2021.04.17

羽生結弦、国別対抗戦の自身の演技を評価「4回転半に続く道を示す」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋 学●写真 photo by Takahashi Manabu

4月16日、フリーで『天と地と』を演じる羽生結弦4月16日、フリーで『天と地と』を演じる羽生結弦  4月16日、世界フィギュアスケート国別対抗戦の男子フリー。羽生結弦は苦しい中で戦い抜いた。

 3月の世界選手権から続く肉体と精神の疲労や気持ちのズレ。同日昼の公式練習でもそうした雰囲気を漂わせていた。

 羽生は間を取りながら一本一本のジャンプを確かめるように跳んでいた。練習時間の中盤、つなぎの滑りからの4回転ループを跳ぼうとした際に、滑る予定のコース途中に他の選手が入ったり、近づいたりし、思い切って跳べない状況が連続。それが5回ほど続き、1本も跳べないまま曲かけ練習に入った。

 曲かけで最初の4回転ループは決めた。しかし、次のサルコウはやや抜けた感じで2回転にとどまった。後半のジャンプについては、4回転トーループ+3回転トーループを跳んだ後、2本目の4回転トーループは着氷を乱す。トリプルアクセルを3連続ジャンプにしたが、最後のサルコウは2回転に。どこかリズムに乗り切れないまま、練習を終えていたのだ。それでも演技前の6分間練習では、時間をうまく使い、残り1分のアナウンス直前に4回転ループを決めた。

 そして、5番滑走の本番。最初の4回転ループを着実に降りたが、次のサルコウは1回転になってしまった。