2021.04.18

紀平梨花が不本意な結果から得た学び。「強気で、楽しく、前向きに」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 高橋 学●写真 photo by Takahashi Manabu

4月17日、国別対抗戦フリーの紀平梨花。腰の痛みを押して出場した4月17日、国別対抗戦フリーの紀平梨花。腰の痛みを押して出場した 「まずは滑り切ることができてよかったです。最悪、直前に棄権することも考えていたので」

 4月17日、世界フィギュアスケート国別対抗戦のフリー演技が終わった後、紀平梨花は安堵したように笑みを洩らした。

 紀平は競技を挑むには厳しい体調だった。しかし、あらん限りの手を尽くした。少しも悲壮感を出さず、笑顔さえ浮かべて滑った。その雄姿に世界的スケーターとしての器量が見えたーー。

「昨日(13日)、朝から腰を痛めてしまって」

 大会前日の14日、公式練習後のリモート会見に応じた紀平は、努めて明るい声で話していた

「左足(のケガ)をかばってループとかすごく跳んでいて、痛みが出ているのは気づいていたんですが。おとといまでは無理がきいていたのが、昨日でアウトになっちゃいました。着氷の振動で痛みが出たので、無理をしないように。痛みの出ない動きを意識しての練習をしていますが、どんな動きも腰は使うので」