2021.04.18

坂本花織、納得の2位。「攻めまくりたい」五輪シーズンは4回転に意欲

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 高橋 学●写真 photo by Takahashi Manabu

4月17日、フリーの坂本花織。演技を終え、喜びを全身で表わした4月17日、フリーの坂本花織。演技を終え、喜びを全身で表わした  3月の世界選手権は6位にとどまった坂本花織。ショートプログラム(SP)、フリーともにほぼノーミスながら3回転ルッツのエッジエラーなどが響き得点を伸ばし切れなかった。

 それから2週間を置いて行なわれた世界フィギュアスケート国別対抗戦では、その悔しさを吹き飛ばし来季へ向けて意欲を高める結果を出した。

 坂本は大会前の1週間の練習で、以前は3回転フリップ+3回転トーループに集中していた意識を3回転ルッツのみに向けた。中野園子コーチがさまざまな角度から撮影した映像をチェックしながら、ジャッジやテクニカルコントローラーなどが見てエッジエラーにならない跳び方を研究した。

 そして、その成果は早速4月15日のSPで好結果につながった。3回転ルッツは認められて1.89点の加点がつき、3回転フリップ+3回転トーループも1.70点。スピンとステップはすべてレベル4の完璧な演技で77.78点の自己最高得点を獲得した。ロシア勢のアンナ・シェルバコワとエリザベータ・トゥクタミシェワはともに80点台に乗せたが、SP首位のシェルバコワと3.29点の僅差に抑える3位だった。

「スケート人生で初めてというくらいにルッツをずっと意識して跳んだので、認められたのはすごくうれしい。これからも続けていかなければいけないので、もっと加点がつくルッツが跳べるように練習をしていきたいです」

 そう話して喜んだ坂本の演技で改善されたいたのは、ルッツだけではなかった。公式練習の曲かけで目を引いたのは、序盤のスローな曲調の部分で以前より音に動きをしっかりと合わせた、柔らかく表情豊かなスケーティングだった。