2021.03.29

宮原知子、心と身体が「チグハグ」で自己ワースト。再起を誓った誕生日

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

世界選手権19位の大会自己ワースト順位に終わった宮原知子 リモート会見に出席した宮原知子は、流暢な英語でインタビューに応えている。

「Disappointed」(失望した)

「Upset」(動転した)

「Sad」(悲しい)

 世界選手権2021、16位スタートになったショートプログラム(SP)後の心境である。一つひとつの機械的な英単語にしたほうが、なぜだか直接的に混乱が伝わってくる。感情の糸が絡み合い、ほつれている。

 しかしフリーに向け、気持ちは切り替えられたはずだった。少なくとも彼女自身はそう認識していた。しかし体の反応はまるで違っていてーー。

 3月26日、スウェーデン・ストックホルム。深紅の衣装をまとった宮原は、小さな団子状にまとめた髪に、両耳はシルバーに輝くピアスを光らせ、気品を漂わせていた。5度目となる世界選手権で、落ち着いているようだった。

「(ショートから)気持ちも持ち直せていたし、調子もよかったです。"何も問題はなかった"という言葉どおりで。ショートに比べて、冷静に試合に臨むことはできていました」