2021.03.29

鍵山優真が見据える北京五輪金メダル。自己記録更新も「ミス悔しい」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihiro

 今季、シニアデビューを果たした17歳の鍵山優真が、世界選手権ではつらつとした会心の演技を披露し、初出場銀メダルの偉業を成し遂げた。ショートプログラム(SP)、フリー、合計のいずれも自己ベストを更新する快挙。大会3連覇を飾ったネイサン・チェン(アメリカ)、今大会銅メダルの羽生結弦と表彰台に立った鍵山、日本勢トップランカーとなるその活躍は、日本フィギュアスケート界にとっても慶事だろう。

自己ベストを大きく更新して、世界選手権銀メダルに輝いた鍵山優真 大会最終日に行なわれた男子フリーの得点190.81点が出て、メダルが確定した瞬間、キスアンドクライで父の正和コーチと喜びを分かち合った。両腕で何度もガッツポーズを繰り出し、ぴょんぴょんと跳びはねて喜んだ鍵山は、日本最高位の世界選手権2位について、率直な気持ちをこう口にした。

「正直、演技が終わった時点で、びっくりして動揺を隠せない状態になっちゃっていました。結果としてはすごくうれしい思いです。やっぱりここ(世界選手権)に来たからには表彰台を狙っていたので、努力が実ったかなという感じです。完全には発揮できなかったんですけど、自分の実力は出し切ったかなと思います」

 正和コーチとの二人三脚で5歳から歩んできた競技生活。本格的な世界デビューとなった24日のSP『ボカッション』では、軽やかで流れのある着氷を見せるジャンプを次々と決め、ジュニア時代は苦手だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も成功させて、ミスのない演技を見せた。演技後のキュートな笑顔と、キスアンドクライで得点を待つ愛らしいしぐさに、虜になったファンも多かったに違いない。

 高得点の100.96点が出た瞬間、右手を高々と振り上げてから両腕を前に突き出すガッツポーズでうれしさを爆発させた。SPは首位の羽生に続き、世界王者のチェンを抑えての2位発進だった。

 フリーでも、多くの五輪メダリストにプログラムを提供してきた世界的な振付師ローリー・ニコル氏が作った『アバター』で、鍵山は躍動した。プログラム前半に跳んだ4回転は、3本とも「これぞジャンプの基本です」とお手本になるようなジャンプだった。