2021.03.30

ロシア女子フィギュア、層が厚すぎ。表彰台3人以外にも優勝候補多数

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihiro

世界選手権2021を制したアンナ・シェルバコワ 世界フィギュアスケート選手権、女子シングル。優勝のアンナ・シェルバコワ、準優勝のエリザベータ・トゥクタミシェワ、3位に入ったアレクサンドラ・トゥルソワ。ロシア勢が、表彰台を独占した。

シェルバコワ(中央、1位)、エリザベータ・トゥクタミシェワ(左、2位)、アレクサンドラ・トゥルソワ(右、3位) そもそも、3人はロシアで熾烈(しれつ)な争いを勝ち抜いてきた。

 2018年平昌五輪の金メダリストであるアリーナ・ザギトワ、銀メダリストのエフゲニア・メドベデワは実質、競技から離れている状態だが、人材に事欠かない。アリョーナ・コストルナヤは2019−20シーズンのグランプリファイナルで優勝し、カミラ・ワリエワは世界ジュニア王者で昨年のロシア選手権で銀メダルの14歳、超新星。国内を勝ち抜くだけで至難の業だ。

 ストックホルムでロシア旋風が吹き荒れたのは、当然の帰結かもしれない。

 ショートプログラム(SP)で12位と低迷したトゥルソワはフリースケーティングで、底知れぬポテンシャルを発揮した。

「4回転ジャンプは大切ですし、私はいつも入れています。大会によらず、5個は入れているかと」

 16歳のトゥルソワは言うが、まさに常識を覆すプログラムだった。