2021.03.30

羽生結弦、世界選手権フリーを詳細分析。会見で見せた笑顔のわけ

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

フリーで思わぬミスがあった羽生結弦 スウェーデン・ストックホルムで開催された世界フィギュアスケート選手権。3月25日のショートプログラム(SP)を終え、目の前に見えていた4大会ぶり3度目の優勝を逃し、3位にとどまった羽生結弦は冷静な表情でこう語った。

「なんか、全部波に乗れなかったですね。一番大きな得点を取りたかった出来ばえ点のほうはまったく取れていない。けれど全体を見れば大きな転倒などはなく、細かいミスで抑えられていて、地力は上がったんじゃないかなと思っています」

 SPはノーミスの演技で首位発進。ジャッジの評価がやや低く、得点は106.98点と伸び切らなかったことは少し気になったが、4回転ルッツで転倒して3位だったネイサン・チェン(アメリカ)には8.13点差と、2018年平昌五輪後の直接対決では初めてリードする展開となった。

 だが、チェンの底力はさすがだった。SPは4回転ルッツで転倒した後、後半の連続ジャンプを予定していた4回転トーループ+3回転トーループではなく、基礎点が1.65点高いフリップ+トーループにして失点をカバーした。

 フリーは、予想どおりに4回転ジャンプを5本入れる構成。そして、冒頭の4回転ルッツをきれいに決めると、4種類5本の4回転を含めジャンプをすべてクリーンに降りた。ステップとスピンもレベル4にする完璧な滑りで222.03点を獲得。合計を320.88点として、最終滑走者の羽生を待つ態勢とした。