2020.03.24

羽生結弦らトップスケーターの
「ジャンプの技術」を中野友加里が語る

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

中野友加里 1985年8月25日、愛知県生まれ。2010年に現役を引退、社会人生活を送っていたが、昨年から再びフィギュアスケート界での活動を始めたNever give up! 
日本フィギュアスケート2019-2020総集編(10)

 今シーズン、アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)の演技を「4回転ジャンプより衝撃的だった」と言う中野友加里さん。4回転時代を迎えたフィギュアスケートはどこに進むのか。前回の女子に続いて、男子のトップ選手たちのジャンプとスケーティングの技術について語ってもらった。

 4回転ジャンプにおける男子と女子の違いは、ひと言でいえば「高さ」です。女子は「幅」で跳ぶ選手が多いですが、男子では、どちらかと言えば「高さ」がある選手が4回転を跳んでいます。そして以前は、男子の4回転ジャンパーは、少年から青年になって体つきが変わり、筋力が備わって、その力で4回転を跳べるようになるというケースが多かったように思います。今は女子と同様、ジュニアの選手も平気で4回転を跳び始めています。

 鍵山優真選手も佐藤駿選手も、ジュニアながら、高さのあるジャンプを跳んでいます。おそらく先輩スケーターである羽生結弦選手らのビデオを何回も見返したりして勉強しているのでしょう。やはりいいお手本が身近にあるというのは大きいと思います。