2020.03.25

羽生結弦はチェンとの死闘でまた一歩
強くなった。目指すべき道が明確に

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

Never give up! 
日本フィギュアスケート2019-2020総集編(11)

 カナダのモントリオールで開催予定だった世界フィギュアスケート選手権が、新型コロナウイルスの影響で中止になり、2019-2020シーズンが終了。今季も氷上で熱戦を繰り広げた日本人スケーターたちの活躍を振り返る。

 ネイサン・チェンと異次元の戦いを繰り広げた、今シーズンの羽生結弦。途中、疲労困憊の様子も見せたが、終盤は来シーズンに期待を抱かせる出来を披露した。

今季は四大陸選手権に優勝し、スーパースラムを達成した羽生結弦 今シーズンの羽生結弦は、昨シーズンと同様に『秋によせて』と『Origin』の使用曲で挑んだ。だが、これまでにないような気持ちの揺れも見せたシーズンになった。

 昨シーズンは、GP2戦目のロステレコム杯でケガをし、一時戦線を離脱した。しかし今季は、完成の手応えを得ていたショートプログラム(SP)とフリーの両プログラムを、シーズン当初からノーミスで滑った。羽生自身には、これらをさらにブラッシュアップしていく自信もあったはずだ。

 そんな思いで臨んだシーズン初戦のオータムクラシック(2019年9月)だったが、SP、フリー共に納得できない滑りでつまずき、心の中には迷いも生まれた。