浅田真央とはひと味違う紀平梨花。目指すは「北京五輪で優勝」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 大きな国際大会においてシニア初タイトルを手にした16歳がこれからどんな活躍ができるのか、楽しみがまたひとつ増えた。

「今季ここまで戦ってきて、NHK杯ですごく良い点数を出すことができたので、完璧なノーミス演技をすれば、ファイナルの表彰台に乗れるかなと思っていました。だから、自分の演技をしっかりできた結果がつながったと思います。フリーは最初のジャンプで失敗しましたが、うまくまとめることができたのでうれしい。いまはどの試合でも安定した成績を出すことが大事なので、次の全日本選手権に向けてしっかりやりたいです。

 そして、やっぱり北京五輪で優勝という夢があるので、それに向けたモチベーションはすごくいい状態なので、それまでにこれからも安定した成績を残せるようにやりたいです」

 この結果でさらなる自信をつけた超新星が、今後、どんな輝きを放っていくのか。その成長を追っていきたくなる選手だ。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る