2018.12.10

浅田真央とはひと味違う紀平梨花。目指すは「北京五輪で優勝」

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ上位6人で競い合ったGPファイナルの女子フリーで、ショートプログラム(SP)首位だった16歳の紀平梨花はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2本跳んで1本を成功させ、他のジャンプやステップとスピンなどでも出来栄え点(GOE)加点がついて150.61点をマーク。合計233.12点でSP、フリーともに1位となり完全初優勝を果たした。

初出場のファイナルで初優勝した紀平梨花 SP2位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)は、プログラム全体で跳び急ぐジャンプに終始してバタバタ感がぬぐえず、得点を取りこぼしたフリーで148.60点を出して、合計226.53点で総合2位に甘んじた。

 今季シニアデビューとなった16歳は、トリプルアクセルという武器をひっさげて、同い年の強敵で大会連覇を狙った平昌五輪女王のザギトワらを抑えて、一気に世界トップへと駆け上がった。

 日本女子としては2005年の浅田真央以来、13年ぶり2人目の快挙となるGPデビューシーズンのファイナル初制覇だ。さらには、日本女子のファイナル優勝は13年の浅田以来、5年ぶり3人目(6度目)という快挙を成し遂げた。

「最初のトリプルアクセルでミスがあっても、2本目で切り替えることができて、その後はほとんど自分では悔いのない演技ができたので、演技が終わった時に、すごいうれしさが一番初めに出てきたので『よかった!』とつぶやきました」