2014.11.26

【フィギュア】ジュニア選手権、初優勝・宇野昌磨ら「次世代」が躍動

  • 野口美恵●取材・文 text by Noguchi Yoshie
  • 能登 直●写真 photo by Noto Sunao

11月特集 フィギュアスケート新時代 (6)

全日本ジュニアで初優勝した15歳の宇野昌磨 ジュニアの日本王者を決める全日本ジュニア選手権が11月22〜24日、新潟市で開かれ、男子はショートで首位につけた15歳の宇野昌磨(うの・しょうま)が総合210.72点で初優勝した。しかしフリーは4度の転倒があるなど精細を欠きながらの優勝には、多くの課題も残った。2位は演技力に定評がある山本草太(やまもと・そうた)、3位はトリプルアクセルを成功させた中村優(なかむら・しゅう)がつけ、宇野、山本、中村、友野一希(ともの・かずき)、宮田大地(みやた・だいち)、鎌田英嗣(かまた・ひでつぐ)の6人がシニアの全日本選手権出場を決めた。

 宇野のショートは秀抜な演技だった。飛距離のあるトリプルアクセルを冒頭で決めると、流れと力強さにあふれるジャンプを次々と決め、82.72点をマークした。2位との点差は14.91点というダントツの首位で、世界ジュニアに3大会連続で出場してきた”格の違い”を見せつけるかのようだった。

 宇野は中学時代に身長が伸び悩み、滑りのダイナミックさやスピード不足のために、ジャンプも3回転5種類までで止まっていた。課題はトリプルアクセルと4回転トーループの大技の習得。むしろ、それさえ手に入れれば、シニアの世界トップグループ入りできるほどの滑りを持つ逸材だった。身長が伸び始めたのは今年の初め。高校入学時には155cmを超え、滑りの重厚感が増した。すると一気に、トリプルアクセルと4回転トーループを習得し、日本のジュニアでは当然ながらエース、そして世界でも表彰台が狙えるまでに成長したのだ。