2014.11.28

NHK杯出場を決断した羽生結弦が優勝する確率は?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

11月特集 フィギュアスケート新時代 (7)

 11月8日の中国大会フリーの6分間練習で、ハン・ヤンと激突してケガをした羽生結弦が、グランプリシリーズ日本大会のNHK杯に出場することが決定した。羽生は中国大会で試合に強行出場して2位となり、帰国後の精密検査で5カ所のケガで全治2~3週間と診断されていた。
※頭部挫創、下顎挫創、腹部挫傷、左大腿挫傷、右足関節捻挫

NHK杯に出場することが決定した羽生結弦 そして11月26日、練習後に医師の問診を受け、異常無しと判断されたことを受けて、本人やコーチも含めて話し合った後、日本スケート連盟の小林芳子強化部長が羽生の出場を発表した。

 グランプリシリーズの男子シングルは第5戦のフランス大会を終えてグランプリファイナル進出を確定させているのは、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)とマキシム・コフトゥン(ロシア)、町田樹の3名。残りの3名が第6戦のNHK杯で決定する。

 可能性を残しているのは、カナダ大会優勝の無良崇人と中国大会2位の羽生、ロシア大会2位のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)とアメリカ大会5位のジェレミー・アボット(アメリカ)の4名。このうちアボットは優勝が絶対条件になるが、無良は4位以内、羽生とボロノフは3位以内で進出決定ということになる。

 その後羽生は、休養してから約1週間前に氷上練習を再開したという。まだ両脚には少し痛みが残る状態で万全ではないが、ブライアン・オーサーコーチはショートプログラム(SP)では後半の4回転トーループを前半に持ってくると明かし、勝利へ向けて戦略を練っている。

「昨年より進化した姿を見せるのが、五輪王者としての務め」と強く意識する羽生。NHK杯では「レベルを落とす構成にする」としているが、彼の今季プログラムは、昨シーズンよりはるかに高度なものになっている。