2014.11.25

【フィギュア】真央に続くか? 13歳の樋口新葉、世界の舞台へ

  • 野口美恵●取材・文 text by Noguchi Yoshie
  • 能登 直●写真 photo by Noto Sunao

11月特集 フィギュアスケート新時代 (5)

 ジュニアの日本女王を決定する全日本ジュニア選手権が11月22〜24日、新潟アサヒアレックス・アイスアリーナで開かれた。計11人が「3回転+3回転」の連続ジャンプを成功させるというシニア顔負けの大会となり、13歳の樋口新葉(ひぐち・わかば)が187.95点の高得点で初優勝を遂げた。

中学2年生、13歳で全日本ジュニアを 制した樋口若葉

 樋口は昨年の全日本ノービス選手権()女王で、力強いジャンプとスピード感あふれる滑りが持ち味。東京と横浜を拠点に練習する中学2年生だ。ショートは「3回転フリップ+3回転トウループ」を成功させると勢いにのり、キレ味の良い演技で観客を魅了。63.98点の自己ベストで首位の折り返しとなった。
※ノービスクラス(ジュニアの下の年齢)の全国大会。参加資格は、ノービスAが11~12歳、バッジテスト男子4級以上、女子6級以上。年齢はスケートシーズンが始まる7月1日の前日までの満年齢で区分

「練習よりもずっと良い演技ができた。自分に集中出来ていたのが良かったです」と笑顔。フリーは「3回転ルッツ+3回転トーループ」「ダブルアクセル+3回転トーループ」などを含む安定した演技で、ダントツの首位をキープ。演技を終えた瞬間、思わずガッツポーズを2度繰り出し、点数を見ると嬉し涙を浮かべた。

「ショートもフリーも合わせてノーミスで演技したことが無かったので、込み上げるものがありました」

 夏場は、腹筋、側筋、背筋などの筋肉トレーニングで体幹を鍛え、「体幹ができてからジャンプも滑りも安定しました」という。昨季までよりも筋肉質になった身体で、猛スピードの助走から、女子とは思えないほどパワフルなジャンプをポンポンと決める。ジャンプを決める度に観客からも歓声が上がった。

 次なる試合は、12月にスペインで行われるグランプリ・ジュニア・ファイナルだ。「ロシアの選手は、気持ちが強いところが私と違う。この優勝を自信にもっと自分に集中して演技したい」と誓った。