2022.01.31

RIZIN出場を発表→SNSに猛烈なバッシング。そのなかで三浦孝太が兄と準備した「必殺技」

  • 池田鉄平●取材・文 text by Ikeda Teppei
  • 撮影●田中亘 photo by Tanaka Wataru

三浦孝太インタビュー 中編

(前編:「格闘家一本で」の決意に父・知良が反対した理由>>)

 2021年大晦日のRIZIN.33でプロ格闘家デビューを飾った、"キングカズ"三浦知良の次男・孝太。「格闘家一本で生きていく」と決め、高校卒業後に親元を離れてBRAVEジムの寮に入り、日々の苦しいトレーニングのなかで成長していった。

 そこにRIZIN出場のオファーが届き、悩みながらも承諾。昨年9月にそれを発表して以降は誹謗中傷の声が多くなったが、初めての試合に向けたプレッシャーとどのように戦っていたのか。また、俳優の兄・獠太との気分転換で密かに磨いていた"必殺技"とは。(取材日:2022年1月14日)

デビュー戦でサッカーボールキックを決めた三浦孝太デビュー戦でサッカーボールキックを決めた三浦孝太 ***

――高校を卒業後、シドニー五輪のレスリング日本代表で、プロの総合格闘家としても活躍した宮田和幸氏が代表を務める「BRAVEジム」の内弟子となりましたね。寮生活も含めて格闘技漬けの日々はいかがでしたか?

「高校2年の時にヘルニアを患い、約半年間、激しい運動ができない時期があったんですが、そのリハビリで宮田和幸会長と出会いました。そこからお世話になっています。

 寮に入る前は気づかなかったんですけど、家族みんなで時間を過ごすことや、お母さんが当たり前に作ってくれたご飯のありがたみをすごく感じました。僕は寂しがり屋な部分があるので、そういうことも含めて寮ではつらいこともありましたが、さまざまな人が格闘技に本気で向き合っていることを感じ取れたので、入ってよかったと思っています」

――練習が進み、現役の格闘家とのスパーリングもやるようになったと思いますが、その時はどうでしたか?

「みんなものすごく強くて、最初は毎日ボコボコにやられてました(笑)。力で勝てる人もいなかったので、精神的にキツかったですね。そういう経験をするだろうことは、寮に入る前に想定はしていたんですが、実際にやってみると全然違って。『めっちゃ強い......敵わないな』という感じでした」