2022.01.31

カズの次男・三浦孝太が「格闘技一本でやる」と伝えた日。家族全員が「大学進学でも・・・」と反対した

  • 池田鉄平●取材・文 text by Ikeda Teppei
  • 撮影●田中亘 photo by Tanaka Wataru

三浦孝太インタビュー 前編

 2021年大晦日の「RIZIN.33」で、プロ格闘家デビューを果たした三浦孝太。日本サッカー界の生ける伝説"キングカズ"こと三浦知良・りさ子夫妻の次男として話題になったが、衝撃の"サッカーボールキック"によるTKO勝利でさらに名を上げた。

 偉大な父を追うようにサッカーをやっていたところから、なぜ総合格闘技を始め、RIZINという大イベントでその一歩を刻むに至ったのか。「カズの息子」と言われること、「格闘技一本でやっていく」と伝えた時の両親の反応なども含め、三浦孝太が経緯を語った。(取材日:2022年1月14日)

2021年大晦日のRIZINでの格闘家デビュー戦を、TKO勝利で飾った三浦孝太2021年大晦日のRIZINでの格闘家デビュー戦を、TKO勝利で飾った三浦孝太 この記事に関連する写真を見る ***

――大晦日の試合が終わっての反響はいかがですか?

「試合前は、Instagramのフォロワーが3000人弱だったのですが、試合が終わったあとにスマホを見たら1万人ぐらいになっていて、『えー!』とびっくりしました。そこから一気に増えていったので、少し戸惑いがありましたね」

――それからフォロワーはどんどん増えていますね(取材時は約11万人。1月30 日時点で52.6万人まで増加)。

「信じられないです。フォロワーは年齢層や性別も確認できるんですけど、以前は7・3ぐらいで男性が多かったのが、試合が終わったら6・4ぐらいで女性のほうが多くなっていて。格闘技とは関係なく『カッコいい』と言ってもらえることもあるんですが、今までそんなふうに言われたことがなかったので、それにも驚いています」

――RIZINの影響力の大きさを感じます。

「そうですね。それまでは試合経験もなく未知数だったんですが、当日は予想以上に試合が楽しかったです。そこで初めて『(格闘技を)やってよかったな』と思いました。勝ったことによって応援してくれる人が増えれば増えるほど、責任も大きくなりますし、もっと努力をしないといけないと思っています」