2021.06.27

柔道・渡名喜風南、苦手なビロティドも撃破で金メダルへ期待。「プレッシャーもないし、他人の評価も気にならない」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun

「死ぬこと以外、かすり傷」

 女子柔道48キロ級の日本代表である渡名喜風南が、その言葉を母親から言われたのは、大学1年の時だった。テレビで優し気なおばあちゃんが言っていたのを聞いた母親が「おもしろい言葉があるよ」と渡名喜に教えてくれた。

東京五輪での金メダルが期待される女子柔道48キロ級代表の渡名喜風南選手 写真:西村尚己/アフロスポーツ東京五輪での金メダルが期待される女子柔道48キロ級代表の渡名喜風南選手 写真:西村尚己/アフロスポーツ

「言われた時は、なるほどと思いました。柔道のスタイルに変化はなかったですけど、気持ち的な変化は大きかったですね。ひとつの負けを気にせず、次に向けてがんばろうっていう気持ちにさせてもらいました」

 この頃、渡名喜は、高校時代こそインターハイ、全日本ジュニア選手権では決勝まで進み、アジアジュニアでは優勝を果たすなど、成長をつづけていたが、大学に入ってからはなかなか勝てず、思うように試合ができない時期がつづいていた。そんな時、この言葉をかけられて、気持ちがラクになり、浮上のきっかけをつかんだ。

「そのあと、2017年の世界選手権で優勝してからもちょっと苦しんだ時期があったんです。優勝して、初めて追われる立場になって、勝たないといけないという意識が強くなって......。その時も、負けても気にせずに次の勝利に向けてがんばろうって思えたんです」

 それから渡名喜は、昨年2月、女子48キロ級東京五輪代表に内定した。それは小3の時、地元・神奈川の相武館吉田道場で柔道を始めて以来、体と心に無数の"かすり傷"を受けて成長してきた成果だった。
 
 柔道を始めた頃、渡名喜は喧嘩が強く、勝つまでやめない火の玉のような女の子だった。仲間意識が強く、ドッジボールをしているところに男子がサッカーボールを投げてきたり、遊びの邪魔をされると「イラッ」ときて、手を出した。負けた男子が泣いて謝るほどで、そのことで先生によく怒られた。当時、好きなことは格闘技、好きな選手は総合格闘家のミルコ・クロコップ。アイドルなどにはまったく興味がない、男子顔負けの「格闘少女」だった。

「格闘技、好きでした。そこから戦い方を学びましたし、末っ子でお姉ちゃんとよくケンカをしていたので、他の子より強かったと思います」