2021.04.20

RENAが明かす引退発言の真実。結婚、WWEなどその後の考えも明かした

  • 瀬川泰祐●取材・文・撮影 text by Segawa Taisuke
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

――自分の意思ではなかったんですね。

「はい。当時は、SB日本スーパーフェザー級王者の及川知浩さんが主宰する道場に所属していたので、小さい頃からプロの厳しさを目の当たりにしていました。だから、『私には無理だ』と思っていたのですが、『ダメ元で一回やってみたら?』と言われ、『それならやってみようかな』という軽い気持ちでプロの世界に入りました」

――その後、RENAさんはシュートボクシングの女子トーナメント「Girls S-cup」で4度の優勝を果たすなど、女子格闘界のアイコン的な存在になっていったわけですが、「転機」はいつだったと思いますか?

「無我夢中で格闘技に取り組んでいたら、まったく注目されていなかった女子格闘技に光が当たるようになっていった。特別な出来事や転機があったというよりは、道なき道をひたすら切り開いていくうちに、今の状況につながったという感覚ですね」

――これまで、格闘技だけでなく、タレント業も積極的に行なってきましたね。

「選手としての活動だけではなく、タレント業を通じて女子格闘技を広めていきたいと思っていました。それに、普段はなかなか会えない人たちと交流できるのは、純粋に楽しいんです」

【引退を決めた理由と、その後のプラン】

――2020年9月に開催されたRIZINにて、試合後のリング上で突如、引退を宣言されました。どういった心境からの発言だったんでしょうか。

「少しダラダラと格闘技を続けている自分がいることに気がついたんです。長く現役を続けることは可能かもしれませんが、ダラダラとするのは自分の理想の姿ではありません。だから自分に『喝を入れる』意味も込めて、選手としての『終わり』を決めました」

――以前から「満員の会場で引退したい」という主旨の発言をしていましたね。

「そうですね。その気持ちに変わりはありません。強いままの自分で引退したいですね」