2021.04.03

髪切りマッチで勝利した中野たむが取材中に涙。女子レスラーの複雑な思いと強さを語る

  • 尾崎ムギ子●文 text by Ozaki Mugiko

■『最強レスラー数珠つなぎ』女子レスラー編
「宇宙一かわいいアイドルレスラー」中野たむ 後編 前編から読む>>

中野たむ 厳選フォトギャラリー>>

「劣等感がすごいんです。情念で闘っています」と話す中野たむ。バレリーナになる夢を諦め、アイドルとして活躍する夢を諦め、プロレスまでも諦めようとしていた。そんな時に現れたのが、ジュリアという宿命のライバルだった――。

***

インタビュー中、涙を流して自分の思いを語った中野たむ photo by Hayashi Yubaインタビュー中、涙を流して自分の思いを語った中野たむ photo by Hayashi Yuba  中野がジュリアと初めてシングルマッチをしたのは、2020年7月26日。後楽園ホールで行なわれたワンダー・オブ・スターダム王座決定戦だ。ジュリアが持つ"白いベルト"に挑戦したが、レフェリーストップで負けた。初めてシングルで闘ったジュリアに抱いた印象は「めちゃくちゃ気が強いなあ」だった。

「身体能力がものすごく高いわけでもないし、飛んだり跳ねたりっていうのが得意なわけでもない。ただ気の強さとか、情念とかがすごい。ファイトスタイルは私と似ているものがあるのかな。他のことはすべて正反対なんですけど、こんなに我を忘れて張り合える選手っていないかもしれない」

 中野は感情表現が豊かなレスラーだ。怒り、嫉妬、喜び、悲しみ......すべての感情を全身で露わにして闘う。中でもジュリア戦のとき、彼女の顔つきは明らかに違う。「こいつにだけは絶対に負けたくない」という強い思いが伝わってくる。

「なにかにつけて張り合うことが多くて、周りからもライバルって言われる。でもずっとジュリアに先を行かれてて、向こうは女子プロレス大賞なんかも取ったけど、私はなかなか結果を残せていなかった。日に日に劣等感が強くなっていって、それでも周りから比べられることで精神的に追い詰められていきました」

 中野の大切なパートナーである星輝ありさが持っていた白いベルト。2020年5月、星輝が引退して空位になった。その座を争うトーナメントで優勝し、ベルトを巻いたのがジュリアだ。「星輝のベルトを受け継ぐのは私しかいない」と信じていた中野がジュリアを憎らしく思うのは当然のことだった。

 10.3横浜武道館大会で、ジュリアとタイトルマッチで再戦。またしても中野は負けたが、スターダムの歴史に残る名勝負になった。試合後、ジュリアは中野に「地獄から這い上がってきたらまたやろう」と言った。