2021.04.07

上野勇希は新時代のイケメンプロレスラー。サウナで試合のイメージも整える

  • 井木 康文 ●取材・文 text by Iki Yasufumi
  • photo by DDT プロレスリング

 端正な顔立ちと器械体操で培った均整の取れた筋肉美を兼ね備えるイケメンプロレスラー上野勇希選手。デビュー3年目にして出演した大手飲料メーカーのwebCMでは、DDTの先輩で現在は新日本プロレスで活躍する飯伏幸太選手との共演でイケメンコンビとして話題を呼んだ。

 もちろん人気の秘訣は見た目だけではない。DDTユニーバサル王座を最年少戴冠・最多防衛を記録しており、リング上での実力も兼ね備えた"新時代のスター選手"の1人だ。現在デビュー5年目、年齢25歳という今後もさらなる飛躍が期待される上野勇希のこれまでとこれからに迫ったーー。

爽やかな笑顔が印象的な上野勇希選手

ーーまずはベタなご質問ですが、プロレスラーを目指したきっかけを教えてください。

 高校の同級生に竹下(幸之介)がいて、彼が出ているDDTの大阪大会を高校2年の時に観戦したのがプロレスとの最初の出会いでした。それまではプロレスをあまり観ていなかったので、初めてのプロレス観戦に大きな衝撃を受けたのを覚えています。面白いし、感動もするし、一気にDDTのプロレスが好きになりました。

 しかし、その衝撃ですぐ「プロレスを始める!」とはなりませんでした。高校では器械体操をしていましたが「もっともっとトレーニングしないと.....!」とプロレスラーに憧れつつ、畏怖の気持ちの方が強い状態でした。高校卒業後もアルバイトをしながら、竹下に筋トレの指導を受ける日々を続けました。そして、改めて竹下から勧誘を受けて、DDTに履歴書を送って試験に挑むことにしました。