2020.11.05

内田真礼、ゲーム好きすぎで事件発生!?
「マリオパーティ禁止令が…」

  • 渡辺静●取材・文 text by Watanabe Shizuka
  • 猪岐沙矢佳●写真 photo by Inomata Sayaka

「内田真礼が語るホークス愛」はこちら>>

 声優、女優、歌手などマルチな才能を発揮し、アニメやゲームを中心とした数多くの作品に引っ張りだこの内田真礼さん。多忙なスケジュールの中でも、ひたすら没頭していることの一つがゲームだ。

 ゲームは幼少期から身近な存在で、彼女の人生に多大な影響を与えたという。

「昔から本当にたくさんのゲームで遊んできて、『スーパーマリオ』や『ポケモン』といった誰もが通るようなゲームから、『ファイナルファンタジー』などのロールプレイングゲーム(RPG)系までプレーしてきました。気に入ったゲームは何周もやり込みましたね」

 そのやり込み具合は、想像以上だ。複数人で対戦できる「マリオパーティ」では、家族や友人とプレーした際にコントローラーのスティックを力一杯回しすぎて、手の平の皮がむけたこともあるくらい負けん気が強かったのだとか。「一時期、家で『マリオパーティ』禁止令が出ました」と、幼少期の思い出を笑顔で振り返る。

「『スマブラ()』にも熱中していて、NINTENDO64の頃からドンキーコングというキャラクターが大好きだったんです。ゲーム内ではキャラクターの色を選べるんですけど、私はこだわりがあってオリジナルの茶色いドンキーしか使いませんでした。グルグルと回転しながら飛ぶ技を駆使して、場外に落ちないようにプレーしていました」

※さまざまなキャラクターが登場する対戦型アクションゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズのこと。1999年にNINTENDO64向けソフトとして1作目が発売された。最新作はNintendo Switch向けの「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」。2020年1月の日本最大の格闘ゲームの祭典「EVO JAPAN 2020」で、最大エントリー数となる約3,000人が参加した