2021.12.28

突然の現役引退を発表したビーチバレーの坂口佳穂。「目標への『熱量』が失われてしまった」

  • 小崎仁久●取材・構成 text by Kosaki Yoshihisa
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

ビーチバレー
坂口佳穂ラストインタビュー(前編)

坂口佳穂(25歳/マイナビ)が12月1日、突然、現役引退を発表した。大学入学前にビーチバレーボールと偶然出会って、「楽しそう」と始めて7年。中学生までのバレーボール経験しかなく、苦しんだ時期もあったが、国内のマイナビジャパンビーチバレーボールツアーで4勝、FIVB(国際バレーボール連盟)ワールドツアーでも1勝を挙げる選手へと成長した。しかし、目標のひとつだった東京五輪への出場が叶わなかった今シーズン、ビーチを離れることを決断した。今回は、その理由をうかがいつつ、現役生活について振り返ってもらった――。

この記事に関連する写真を見る ――引退を発表してから少し時間が経ちましたが、今の心境はいかがですか。

「とてもスッキリしていて、寂しさはありませんし、心残りもありません。『ビーチバレーをやりきったか?』と問われると、目標を達成できませんでしたし、ワールドツアーにももっと出場したかったので、『はい』とは言いきれませんが、悔いがあるとか、後悔するようなことはありません」

――引退を決めたきっかけ、経緯を教えていただけますでしょうか。

「代表決定戦(東京2020ビーチバレーボール日本代表決定戦/2021年5月)のあとにチームを解散して、次のパリ五輪を目指そうとなった時に、急に気持ちがガクッと落ちてしまって......。

 それでも、練習を続けていくなかで、目標へ向かう"熱量"や、『またがんばりたい』という気持ちが戻ってくると思って、新たなパートナーと組んで(2021年の)残りのシーズンを戦うことにしたんです。そうやって、また全力でやっていくうちに何か違うもの、新たな目標とか見えてくるのでは? と思っていました。

 ですが、かなりの"熱量"を持って目標に向かっていた自分というものが、なかなかとり戻せませんでした。練習や試合をこなしていても、その時以上でも、同じでもない"熱量"しかないことは、以前の自分を知っているのでよくわかっていて、その間は結構きつかったですね。

 かつての(熱量を持った)自分が戻ってこない。でも、戻さないといけない。そうした葛藤がずっと自分のなかにありました。『頑張ろう』と自分に言い聞かせても、根っこの部分の、モヤモヤした気持ちは消えませんでした。