2018.02.17

本人に聞く、バレー界期待の
「高校生Vリーガー」西田有志とは何者か

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari

 Vプレミアリーグ男子に、全日本バレー期待の”新星”が現れた。愛知県刈谷市を本拠地とするジェイテクトSTINGSへの入団が内定している、現役高校生の西田有志だ。

 三重県海星高3年の西田は、チームの得点源となるオポジットとして年明けから試合に出場している。身長は187cmと、バレーボール選手としては決して恵まれているとは言えないが、サウスポーから繰り出される鋭いスパイクで得点を量産。それまで低迷していたジェイテクトをファイナル6(プレーオフ)進出に導いた。

 2月10日に開幕したファイナル6では、レギュラーシーズン2位の豊田合成トレフェルサ、同1位のパナソニックパンサーズに2連敗。苦しいスタートとなったが、11日のパナソニック戦では、西田が両チーム最多の25得点を挙げた。

 そんな18歳のゴールデンルーキーが、地元・三重の方言を交えながら熱い思いを語ってくれた。

パナソニック戦で25得点を挙げる大活躍を見せた西田 photo by Urakawa Ikken――早くもVリーグで活躍していることで、人気も高まっていますね。

「ありがたいことに、時期的にチョコをもらうことが多いんですが、ニキビができちゃって(笑)。最近はスターバックスに行くことが多いので、スタバ関係のもののほうが……。あんまりこういうことは言わないほうがいいんですかね(笑)。すみません」

――男子バレーでは高校から大学に進む選手が多いですが、その道を辿らずにVプレミアリーグに挑戦することになったのはなぜですか?

「Vリーグのチームに入ることは、ちっちゃい頃からの夢でした。チームのことを知ったのは、ジェイテクトで働いている兄が『(ジェイテクトには)バレー部もあるんやで』と教えてくれたのがきっかけです。それから自分でもジェイテクトのことを調べたんですが、高校2年の夏に出場した東海大会でチームの方に声をかけていただいて。その時点で、7割くらいは『もう大学はいいや』みたいな感じになっていました(笑)」