2018.02.16

ドイツバレー界で大暴れの柳田将洋。
「これが全日本でも生きてくる」

  • 中西美雁●文・撮影 text & photo by Nakanishi Mikari

【柳田将洋が語るプロとして戦うドイツ 後編】

インタビュー前編はこちら>>

 ドイツのブンデスリーガで活躍を続ける柳田将洋の胸には、いつも全日本への思いがある。

 慶應義塾大学時代の2013年に全日本メンバーに登録されてから、今年で6年目。現在イタリアのセリエAでプレーする石川祐希とともにチームをけん引してきたが、2016年のリオデジャネイロ五輪への出場を逃し、昨年のグラチャンバレーでは5戦全敗を喫するなど、たくさんの悔しさを味わってきた。

 世界の強豪国に勝つために、ドイツでどんなことを考えているのか。リーグ終盤を戦う柳田を直撃した。

昨年4月にプロに転向し、現在はドイツのブンデスリーガでプレーする柳田――プロ転向1年目のシーズンも終盤に差しかかっています。残るリーグ戦をさらに充実させるために、何が必要だと考えていますか?

「ここまでプレーしてきて感じたのは、コンディショニングの調整が最も大事だということです。長くリーグ戦が続く中で、いかにベストなコンディションを維持するか。そこを意識しながら、しっかり準備をして試合に臨みたいです」

――昨年4月までプレーしていたVリーグとの環境の違いはどこにありますか?

「今の状況と比べると、古巣のサントリー(サンバーズ)のほうがバレーをする環境は整っていたと思います。その分、ブンデスリーガでは成績を下げることは許されません。プロの選手になって、『来季はどうなるかわからない』という状況に身を置いたから感じることですね」

――他にも「プロリーグならでは」と感じるところが多そうですね。試合前の選手入場の演出なども、すごく派手で観客を盛り上げようとしているのが伝わってきました。

「選手たちのモチベーションが上がるのはもちろん、観客の方々が楽しめるように工夫されているのはとてもいいことだと思います。ただバレーボールを見てもらうのではなく、さまざまな演出も楽しんでもらう。そういったエンターテインメント性がある点は、ドイツのほうが進んでいるかもしれません」