2018.02.14

柳田将洋がドイツの移籍先でキャプテン
「ハンターマサ」になっていた

  • 中西美雁●取材・文 text by Nakanishi Mikari

【柳田将洋が語るプロとして戦うドイツ 前編】

 2017年4月にプロ転向とドイツ・ブンデスリーガへの挑戦を発表したバレーボール男子全日本の柳田将洋は、所属するバレーボール・バイソンズ・ビュールでキャプテンを担い、常にリーグ得点ランキングで上位をキープする活躍を見せている。

 昨年10月14日のリーグ開幕戦と、今年の1月14日の試合では、同じくドイツでプレーする大竹壱青(ユナイテッド・バレーズ・ラインマイン)との「日本人対決」も実現。初の海外リーグで貴重な経験を積み重ねている柳田に、日本では感じることがなかった課題や、海外挑戦の手応えを直撃した。
キャプテンとしてチームを引っ張る柳田 photo by Hirano Takahisa/AFLO――ブンデスリーガの雰囲気や、所属チームがあるビュールという街の印象は?

「初めて海外でプレーをするので他国のリーグとの比較はできませんが、想像していたよりしっかりしていますね。体格差に関してはある程度想定していたんですけど、実際にこちらの選手を目の前にするとやはり大きいです。ビュールは小さな街で、穏やかな環境の中で生活ができているのでバレーに集中できています」

――ブンデスリーガと日本のVリーグの違いを教えてください。

「最も大きな違いは、ホームとアウェーの会場の雰囲気がすべての試合ではっきり違うことです。ホームゲームのときは、街の人々がこぞって試合に駆けつけてくれるんですが、これは日本ではなかなか見られない光景です」

――柳田選手から見て、バレーボール・バイソンズ・ビュールはどんなチームですか?

「いろんな国の選手がいるので言葉の面で不安もありましたが、今はコミュニケーションが取れるようになりました。意思疎通が図れるようになったことで、プレーにもいい影響が出ていると思います。また、若い選手が多いので、リーグでの戦いを通じてチームが成長している実感があります。そのチームの成長にあわせて、自分自身も進化していきたいと思っています」