2017.12.22

木村沙織を継ぐエースへ。東レ1年目の
黒後愛が皇后杯で打ちまくる!

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT

 12月17日、「天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権」のファイナルラウンド準々決勝が行なわれ、男子はパナソニックパンサーズ、豊田合成トレフェルサ、東レアローズ、ジェイテクトSTINGS が、女子はデンソーエアリービーズ、東レアローズ、NECレッドロケッツ、トヨタ車体クインシーズがそれぞれベスト4進出を決めた。

社会人1年目から活躍する東レアローズの黒後愛 準々決勝の最大のサプライズは、女子の大会6連覇がかかっていた久光製薬スプリングスが姿を消したことだろう。デンソー相手に2セットを連取され、そこからフルセットに持ち込む意地を見せたものの、最後は一歩及ばなかった。新鍋理沙、石井優希という全日本の主力選手を擁する久光製薬は、ここまでVリーグで15戦無敗。大会6連覇も確実視されていたが、デンソーのサーブと粘り強い攻撃に屈した。

 効果的なサーブとスパイクでデンソーの勝利に貢献した、こちらも全日本代表の鍋谷友理枝は、「サーブをしっかり打っていこうとチームで決めていました。第1、第2セットは攻めるサーブが打てたんですが、第3セットは緩くなって(セットを取られて)しまいましたね。でも、今季に久光と対戦するのは3度目で、『3度目の正直だ』とみんなで声をかけ合っていたので、それが実現できてよかったです」と振り返った。