2017.12.07

エース石川祐希が帰国出場しても、
インカレ優勝を逃した中央大の誤算

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

 12月3日に幕を閉じた、全日本バレーボール大学男子選手権大会(インカレ)。第70回を迎える今大会は、全日本のエース・石川祐希と、同じく全日本の大型新人である大竹壱青(いっせい)が共に4年生となった中央大学の「4連覇達成」が確実視されていた。

準決勝で筑波大に敗れ、呆然とする石川 ただ、今年は過去3年の大会とは状況が違っていた。そのひとつは、石川と大竹が10月から海外のリーグにレンタル移籍しており、インカレのためだけに一時帰国したということ。もうひとつは、石川が今年9月に行なわれたグラチャンバレーで負傷し、そのケガが完治していないまま大会を迎えたことだ。

 石川は1年時と3年時もイタリアへのレンタル移籍を経験しているが、どちらもインカレが終わってからの移籍だった。だが、インカレ後の参加では、イタリアリーグ(セリエA)の開幕に間に合わずにレギュラー争いで不利になることから、今年はグラチャン終了後すぐにイタリア入り。シーズンを通して勝負するために、石川は同期の中央大のチームメイトに了解を得てインカレに参加しない予定だったが、結局は4連覇のために帰国を求められた。

 大竹も石川と同様の動きをとることになり、ふたりはインカレ開幕の約1週間前に帰国して本番に臨んだ。今年のインカレはシードがなく、大会3連覇中の中央大も1回戦から登場。ケガが完全に治っていなかった石川は、1回戦では第1セットのみ、2回戦では第2セットまで出場。3回戦でも第4セットは温存されるなど、プレーしながら感覚をつかんでいく状態だった。