2013.11.18

【女子バレー】新戦術MB1を採用した眞鍋監督、本当の狙い

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi MIkari
  • 坂本清●写真 photo by Sakamoto Kiyoshi

「グラチャンでは世界のどの国もやっていない『秘策』を試します」

 11月5日に行なわれた記者会見での眞鍋監督のコメントだ。このときはまだ具体的なことは明かされず、「石井(優希)、迫田(さおり)、長岡(望悠)は新しいことをしているので大変かも」と述べるにとどまった。

 主将の木村沙織も「新戦術は10月の北海道合宿で初めて伝えられた。まだどうなるかわからないが、非常に楽しみ。最初は見たことのない戦術だったので驚いたが、点を取るためには逆にシンプルかもしれないと思った。自分はそういう発想をしたことがなかったので、眞鍋さんの発想力に驚いた」とコメントした。秘策が何なのか、大会が始まる前から、いやが応にも期待が高まった。

 大会の前日会見で、その実態が明かされる。MB1と命名されたその戦術は、従来ならコート上に2人いるMB(ミドルブロッカー)を1人にして、サイドアタッカーを1人増やすというものだった。

ドミニカ戦ではMIPに輝いた迫田さおり 初戦の欧州チャンピオン、ロシア戦で4人目のサイドアタッカーとしてプレイしたのは、ロンドン五輪の銅メダル決定戦で最後の点を獲った迫田さおりだった。彼女はもともと前衛から打つスパイクよりもバックアタック(後衛でスパイクを打つこと)が得意という特長を持っており、今回、ミドルの位置に入るだけでなく、前衛でもバックアタックと同じように助走を長目に取ってスパイクを打つようにした。組織的なブロックシステムをとらないロシアを面白いように翻弄し、3-1で日本が勝利を収めた。