2022.06.04

全仏OP混合ダブルスVの真実。なぜ柴原瑛菜は誰と組んでも強く、男子の高速サーブを苦もなくリターンできたのか

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「私がテニスを始めた時、最初にやったのがミックスダブルス。だから、グランドスラムのミックスダブルスで優勝するのは"特別な気分!"」

 全仏オープンのセンターコート「フィリップシャトリエ」で、パリの初夏の陽光を浴びながら、彼女は言葉を弾ませた。

 男女混合ダブルスで、柴原瑛菜(えな/24歳)がグランドスラム初戴冠。

 マイクを手に「子どもの頃からの夢が叶った」と言うと、喜びに顔を輝かせた。

柴原瑛菜はカリフォルニア生まれの24歳柴原瑛菜はカリフォルニア生まれの24歳 この記事に関連する写真を見る  米国カリフォルニア州で生まれた柴原にとって、テニスは家族や生まれ育った土地と分かちがたく結びついている。

 年中晴天に恵まれる南カリフォルニアでは、一家が公営コートでテニスを楽しむ姿は、ありふれた光景である。3人の子どもがいる柴原家も、そのようなテニスを楽しむ家族だ。

 ただ、兄ふたりがいる5人家族の末っ子の瑛菜は、常に「4番目のスポットを勝ち取りにいく」立場だった。少し背伸びし、兄や父をパートナーに、年長者に挑戦する----。それが、柴原にとってのテニスの原体験だ。

 やがて、テニスを通じて彼女の世界は、家から外界へと広がっていく。

「まだ子どもの時......10歳くらいの頃かな? ダブルスが好きなので、地元の男子リーグにジョイン(参加)して、大人と一緒にやっていました」

 14〜15年前の日を、彼女は懐かしそうに振り返る。

 テニスが地域コミュニティの機能も果たす土地柄で、多くの人々と触れながら、彼女はテニスを楽しんできたのだろう。

「小さい頃からいろんな人と、いい意味でダブルスで遊んでいた。そうなると、どんなパートナーとも『一緒に楽しもうね』という感じで、自分から行けているのがいいのかな?」

 問われた「誰と組んでも強い理由」に対し、彼女は笑みを広げてそう言った。

 今大会の混合ダブルス優勝も、幼少期より育まれた柴原の資質が実らせた果実である。