2022.05.28

ロシアのウクライナ侵攻にテニス界も大揺れ。ウインブルドン出場が政治的な意思表明につながる危険

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 今季ふたつ目のグランドスラムである、全仏オープンの開幕前日......。多くの人々の感情を絡めとり、多方面に余波を広げながら、ひとつのニュースがテニス界を駆けた。

 男女のプロテニスツアーの運営団体であるATP(男子)およびWTA(女子)が、6月末に英国で開催されるウインブルドン選手権に「ランキングポイントを付与しない」と発表したのだ。これは、ウインブルドンがロシア及びベラルーシ選手の同大会出場を禁じたことへの、対応策の一環である。

 ひとつの大会の方針を巡り、なぜこのような内部対立が起こりうるのか? それを理解するには、テニス界に存在する複数の運営団体や組織と、世界ランキングの構造を知る必要があるだろう。

ジョコビッチは世界1位の座から陥落する可能性大ジョコビッチは世界1位の座から陥落する可能性大 この記事に関連する写真を見る  年間を通じて世界各地で開催されるテニスの「ツアー大会」は、ATPおよびWTAによって運営されている。対して、「グランドスラム」もしくは「メジャー」とも呼ばれる四大大会は、基本的に開催国のテニス協会が主催者だ。

 ただし、ウインブルドンを運営するのは、大会会場であるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(AELTC)。あくまで、プライベートのスポーツクラブが手綱を握っているのである。

 テニス選手の強さの序列である「ランキング」を規定するのは、ATPおよびWTAが定めるランキングポイント。選手たちは出場した大会の結果に応じてポイントを獲得し、それらを積み上げながらランキング上昇を目指す。

 そして、このランキングポイントの制御権を持つのは、ATPとWTAのみ。ウインブルドン選手権の場合、大会の主催・運営権はAELTCが持っていても、ポイントを選手に与える権利はAELTCにはない。

 選手が大会に参戦する時、なにより重要視するのはランキングポイントだ。

 もちろんプロである以上、賞金が欠かせないのは間違いない。ただ、ランキングが上がれば、より賞金総額の高い大会に出場できるようになる。ランキング上昇に伴う知名度や露出の向上は、スポンサーの獲得にもつながるだろう。

 つまりは長期的視座に立った時、目先の賞金以上にランキングポイントは経済的な価値も持つ。それが「ランキングポイントはテニス選手にとっての"通貨"だ」と言われる所以だ。