2022.05.21

大坂なおみ、全仏オープン初戦の作戦を思わずポロリ。「なんでこれをしゃべっちゃったのかしら」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

「冗談でしょ?」

 コーチのウィム・フィセッテから初戦の相手を聞かされた時、大坂なおみはとっさにそう返していたという。

 アマンダ・アニシモバ(アメリカ)。それが、大坂が全仏オープン初戦で当たる相手。4カ月前の全豪オープン3回戦で、大熱戦の末に大坂を破った20歳の選手だ。

全仏のコートで笑顔を見せる大坂なおみ全仏のコートで笑顔を見せる大坂なおみ この記事に関連する写真を見る  今季2大会目のグランドスラムである全仏オープンの開幕を2日後に控えた5月20日。会見場に現れた大坂は、少々緊張しているように見えた。

 1年前----。精神的な負担を理由に、大坂は全仏オープンでの一切の会見拒否を表明。その帰結として「グランドスラムからの締め出しの可能性」まで示唆されたため、「うつ状態」を告白して自ら身を引いた苦い思い出が染み込む地。

「自分が何かしらの形で不快な思いをさせた人が、ここにはいる。それらの人たちと遭遇することを恐れた。会見でも、そのことを聞かれてしまうだろうと不安だった」

 胸に去来した"嫌な予感"を、彼女は隠しはしなかった。

 もうひとつ、彼女の表情が硬い理由は、足首のケガにあるだろう。4月末に出場したマドリード・オープンで、大坂は左足のアキレス腱を負傷。同大会の2回戦で敗れ、翌週のイタリア国際(ローマ)は欠場した。

 今季の大坂は全仏への思いが強く、早めに欧州入りしてクレー(赤土)コートで練習も積んできた。それだけに本人も、結果的にクレーで2試合しかできなかったことを「皮肉なものだ」とこぼす。それでも彼女は、「全仏を欠場することは一切、考えていなかった」とも断言した。

「ひどいケガを抱えながらも、この大会に出たいと熱望している選手はきっとたくさんいる。子どもの頃、テレビでグランドスラムを見ることを本当に楽しみにしていた。その大会に出られるのは、光栄なこと」

 口にする言葉には、意地の色がにじんでいた。

 ケガの影響もあるのだろう、開幕日が近づいても、会場で練習する大坂の姿を目にする機会は少ない。本人も痛みがあることは認めていた。