錦織圭と父との愛情物語。
25年前の「プレゼント」と息子への願い

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO


 島根に生まれ育った「地方の子」である圭が、いい環境を獲得するには、小学生の間に全国優勝しなくてはいけない。

 そう思っていた父の胸中を知ってか知らずか、圭は小学6年生時に全国大会三冠を成し、盛田正明テニスファンドの奨学生として、親元を離れてアメリカに渡る。

 その時、父は安堵したという。

「この土地では、いつも何かに追われている感じだった。だから圭がアメリカに行った時は、正直、ホッとしたんですよ。これで、自分の役目は果たしたな......と」

 錦織圭、中学2年の夏だった。

「最初は、怖いという気持ちと、行ってみたいという思いが半々だったと思います。でも、最終的には『せっかくのチャンスなのだから、自分を試してみたい』と思い、自分の意志で決めました。親や周囲がどう考えたかというよりも、やはり自分のことですから」

 渡米から4年経った、17歳の夏。ロサンゼルスでATPツアー本戦初出場を果たした錦織は、朴訥ながら強い意志の宿る口調で、はっきりとそう言った。「自分で決めた」のひと言が、一連のコメントのなかでも取り分け強く立ち上がる。

4 / 7

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る