2020.05.23

西岡良仁らプロテニス選手たちの思い。
苦境に対するそれぞれのすごし方

  • 神 仁司●取材・文・写真 text&photo by ko Hitoshi

 プロテニスプレーヤーの誰もが、2020年3月以降にテニスができなくなるなんて想像すらしていなかったはずだ。

 ワールドプロテニスツアーは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって、男子ATP は7月31日まで、女子WTA7月末まで、中断が延長となった(5月15日に発表)。プロテニスプレーヤーたちの世界ランキングは、3月16日の時点で凍結されている。

今年、四大大会で唯一予定どおり行なわれた、1月の全豪OPで取材に答える西岡良仁 かつて誰も経験したことのないコロナショックによって、ツアーが中断するという前代未聞の事態が起こり、通常なら海外転戦をしているはずの日本のプロテニスプレーヤーたちは日本に留まり、現在思い思いの時間をすごしている。

 日本男子テニス界で、錦織圭に次ぐ実力を保持する西岡良仁は、世界の非常事態を何とか受け入れようとしている。

「僕にとってはもちろん、テニス界の中でも初めての出来事だと思うので、誰も今後のことを予測できていないと思います。今は臨機応変に対応するしかないと思っています」