2020.01.25

大坂なおみが15歳に屈した理由
「王者のメンタリティが備わってない」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 フォアハンドで放った強打は、乾いた音を立ててネットを叩き、それに続く勝者の「カモーン」が大歓声を切り裂き夜空に響いた。

 うなだれながらネットに歩み寄る大坂なおみの肩を、15歳の勝者が抱く。

まさかの敗戦にショックを隠しきれない大坂なおみ コリ・ガウフ(アメリカ)——。

 昨年9月の全米オープンで大坂が圧勝し、試合後には涙にくれる敗者に「一緒にオンコートインタビューを受けようよ」と優しい声を掛けた相手。大坂のその行為は多くの選手仲間や関係者からも絶賛され、ふたりが並んでインタビューを受けるシーンは大会のハイライトのひとつに数えられた。

 それから、4カ月後。両者の足跡は再び、グランドスラムの3回戦で交錯する。

 今大会のドローが決まった瞬間から再戦の可能性はメディアで語られ、実現前から期待と注目を集めたカード。当然のようにセンターコートのナイトマッチに組まれたその一戦で、大坂は1時間7分、3−6、4−6のスコアで敗れた。

「前回の経験は、間違いなく助けになると思う。もうあんなに緊張しないだろうし、攻撃的にいけると思う」

 戦前にそう語っていたガウフは、言葉どおりのプレーを立ち上がりから大坂に見せつけた。

 サーブはコンスタントに180キロ以上を記録し、しかもファーストサーブの確率が高い。ストローク戦でもベースラインから下がることなく、とくにバックハンドでは低い弾道のショットを深く打ち込んだ。

 対する大坂には硬さが見え、バックハンドのミスが目立つ。第1セットの第8ゲームでは3本連続でバックをネットにかけてブレークを許し、そのままセットを失った。

 第2セットでも大坂は、最初のゲームをフォアのミスショットで落とす。この時は、続くゲームを相手のダブルフォルトにも助けられブレークするが、それでも本来のプレーは戻ってこない。

 第7ゲームでは、オープンコートを狙ったバックがネットにかかる。最後もバックをネットにかけてこのゲームを失うと、もはや前年優勝者は勢いに乗る15歳を止める術(すべ)を持たなかった。相手が試合を通じて手にした60ポイント中、半数の30本をエラーで献上した末の敗戦である。