2020.01.23

大坂なおみがコーチから受け取ったお守り。
「私たちのビジョンは同じ」

  • 神 仁司●文・撮影 text&photo by Ko Hitoshi

2回戦の勝利が決まった瞬間、フィセッテコーチらがいる選手ボックスへ向けて笑顔になった大坂なおみ  大坂なおみ(WTAランキング4位、1月20日づけ)が、オーストラリアンオープン(全豪)2回戦で、ジェン・サイサイ(42位、中国)を6-2、6-4で破り、3年連続で3回戦進出を決めた。1時間20分のストレート勝利ではあったが、見ごたえのある試合となった。

 パワーとスピードに勝る大坂に対し、ジェンは、ラリーになるとフォアとバック両方からスライスを交ぜて、リズムを崩そうとした。

「第2セットはかなり接戦でした。大坂選手は、クリーンに打って、重いボールを打ってくるので、スライスや(弾道の高い)ハイボールを交ぜて、心地よくプレーさせないようにしました」(ジェン)

 大坂は第1セットを先取したものの、第2セット第3ゲームでサービスブレークを許すと、ラケットをコートに叩きつけて蹴り、フラストレーションを抑えきれずに悪態をついてしまうほどだった。

 ジェンに第2セット2-4とされ、第7ゲームで自分のサービスゲームを迎えた時、大坂は自分にこう言い聞かせていたという。

「ラリーの時に、メルボルンのロゴ(ベースラインから約3m付近にテニスコートにペイントされている文字)付近にいたので、(コートの中へ)ステップインし続けようと自分に言い聞かせたんです。たとえ自分が第2セットを失ったとしても、彼女(ジェン)は第3セットでいい動きができないくらい疲れているはずだって。だから私の足に燃料をためておきました。そして、何かが変わればと願っていました」

 その結果、大坂の思惑どおりに試合が動き始める。ジェンが「大坂のサーブがかなりよくなり始めた。再び攻撃的になった」と振り返ったように、大坂が4ゲーム連取で勝利を手にした。大坂は、サービスエースは1本もなかったものの、フォアの11本を含む合計20本のウィナーを決めた。一方で、バックのミス14本を含む30本のミスを強いられた。

 ただ、ジェンもセカンドサーブでのポイント獲得率が29%にとどまり、大坂のサーブをブレークしても、すぐにブレークバックを許す形が第2セットに2回あった。リードをしても重要なポイントでメンタルが引き気味になってしまい、突き放すことができなかった。

 ツアーの中堅どころで活躍している25歳のジェンと、トッププレーヤーに成長した22歳の大坂の実力差が終盤で出た形になった。