2019.09.02

大坂なおみが愛ある行動。対戦相手は
「すばらしい瞬間。感謝したい」

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

oosakanaomi190902.jpg 鳴動するアーサー・アッシュスタジアムの中心で、勝者の大坂なおみは泣いていた。また、敗者のココ・ガウフも泣いている。大坂のアスリートとしてだけでなく、ひとりの人間としての慈愛あふれる行動が、スタジアムで2人を見守る約2万人のニューヨーカーの心に共鳴し、テニス史上稀に見る選手と観客の愛に包まれた――。

 USオープン(全米)3回戦で、第1シードの大坂なおみ(WTAランキング1位、8月26日づけ/以下同)は、ワイルドカード(大会推薦枠)で初出場のココ・ガウフ(140位・アメリカ)を、6-3、6-0で破り2年連続でベスト16進出を決めた。

 21歳大坂と15歳ガウフの試合は、大会第1週の最大の目玉といっても過言ではなかった。元世界ナンバーワンで、グランドスラム23勝を誇るセリーナ・ウィリアムズが、「本当に楽しみな試合になりそうね。もちろん見たいと思っているわ。女子テニスの未来といえる対戦だと思う」と述べていたほどだった。

 大坂は、出だしから非常に高い集中力でプレーを展開。動きにキレがあり、グランドストロークもスピードがあってボールがバウンドしてから伸びていた。これは対戦相手が強敵になればなるほど、高い集中力を発揮する大坂特有の本能ともいえるもので、それだけ大坂がガウフの実力を認めている証左でもあった。

 一方でガウフは、俊敏なフットワークで大坂の強打についていき、スライスを織り交ぜてボールの軌道を高くしたり、ペース変化を試みつつ、甘いボールが来たら15歳とは思えない冷静かつ大胆なプレーでウィナーを打っていった。

 第1セットでは2人がハイクオリティーなテニスを披露し、サービスブレーク1つ差で大坂がセットを先取した。

 だが、第2セットに入るとガウフは、第1セットからフルスロットルでプレーしていた反動から、ミスが目立つようになる。USオープンのメインドローで初めてプレーし、厳しい戦いを勝ち抜いて3回戦に進出したガウフが、体力的に厳しいのは仕方のないことではあった。

「彼女(大坂)が驚くべきプレーをしました。ポイントをコントロールするのが私にとってはハードでした。私よりウィナーを決めてきましたし、ラリーをコントロールするのも大変でした」

 対照的に「今日はリターンがサーブよりよかった」と振り返った大坂は、第2セットでリターンミスが一度もないという女王にふさわしいテニスを展開して、経験の差をガウフにまざまざと見せつけた。