2019.09.01

錦織圭、いつもと違う不安定なテニス。
迫りくる次世代プレーヤーの足音

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

20歳のデミノーに敗れて4回戦進出はならなかった錦織圭 USオープン(全米)3回戦で、第7シードの錦織圭(ATPランキング7位、8月26日づけ/以下同)は、アレックス・デミノー(38位、オーストラリア)に、2-6、4-6、6-2、3-6で敗れて4回戦進出はならなかった。

 これで、昨年のウインブルドンから続いていたグランドスラムでの連続ベスト8の記録は5回で途絶えた。さらに、グランドスラムでベスト16以上に残れなかったのは、2017年ウインブルドンでの3回戦敗退以来となる。

「彼(デミノー)のサーブはよかったし、ディフェンスがよかったので、攻めきれなかった。自分のテニスが100点じゃない中、ディフェンスをされて、(自分が)アンフォースドエラーをして、みたいなパターンがすごく多かった。(彼が)振られた時に、もうちょっと浅いボールが来るのかなと思っていたが、しっかり深く返して来ていた」

 自身のプレーについては、「ミスが多過ぎた。いつもと違って安定感もなくいいプレーができなかった」と振り返った錦織。第4セット第8ゲーム30-0の場面で、フォアハンドストロークがロングになると、思わずラケットを投げつけてイライラを爆発させた。フォアハンドストロークは、上半身だけで打っているような手打ちになってしまうことが多く、ボールには本来の伸びがなかった。

 また、ファーストサーブの確率が、第1セット54%、第2セット52%、第3セット56%、第4セット64%といまひとつ。ファーストサーブからいいリズムをなかなかつくれず苦しんだ。その結果、第1セットで3回、第2セットで2回、第4セットで3回、デミノーにサービスブレークを許す厳しい展開になった。

「そういう時はやっぱりリターンゲームになかなか余裕が出てこない。サービスゲームが簡単に取れるのがそこまで多くなかったので、つらいはつらかったですね。ファースト(サーブ)の入りがもうちょっと入ってくれていれば、楽にキープできていたかもしれないです」

 結局、錦織はフォアのミス29本とバックのミス21本を含む合計60本のミスをし、攻撃的でミスの少ない本来のテニスとはかけ離れた内容に終始した。