2019.08.30

コービーとキャパニックも拍手。
大坂なおみはシンプルな思考で勝ち進む

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

「コービーが、私のボックスにいるなんて。しかもキャパニックも。昨年からしたら考えられないことで、奇妙な感じです。アスリートとしても、人としても、コービーのことを尊敬しています」

1回戦とは違った戦いを見せて勝利した大坂なおみ ルイ・アームストロングスタジアムで大坂なおみの選手ボックスに、NBAバスケットボール元選手のコービー・ブライアントと、NFLアメリカンフットボール選手のコリン・キャパニックが座り、大坂がすばらしいプレーをするたびに拍手を送った。

 2人のスーパースターから応援される大坂もまた、紛れもなく世界的なスターであることを物語る一幕となった。

 USオープン(全米)2回戦で、第1シードの大坂なおみ(WTAランキング1位、8月26日づけ/以下同)は、マグダ・リネッテ(53位、ポーランド)を、6-2、6-4で破り、4年連続で3回戦進出を決めた。

「マグダとは以前対戦したことがあって、よく知っていたので快適に自分のプレーができました。今日はストレスとは無縁でしたね」

 1回戦ではプレーに硬さの見られた大坂だったが、2回戦ではリネッテに対して冷静に自分の作戦を遂行する女王のテニスを披露した。

「もちろん自分の思うようなプレーができない時間帯はあるけれど、何が間違っているのか理解して調整することができました」

 こう振り返った大坂は、フラット系でスピードのあるボールにリズムよく打ってくるリネッテに対して、トップスピンを強くかけたボールを打ち返してペースダウンさせ、ゆったりとしたラリーに持ち込み、ミスを誘う冷静な対応を見せた。サーブもスピードに頼らず、スライスやスピンの回転系を多用し、リネッテのバックサイドを狙ってリターンミスを誘発することに成功した。

 第1セットは、大坂が第4ゲームから2回のブレークに成功して5ゲーム連取。第2セットは、大坂が第2ゲームで一度だけブレークを許すものの、第4ゲームから再び2回のブレークに成功。5ゲーム連取をして勝負を決めた。大坂がパワーやスピードに頼らず、対戦相手によって柔軟に戦術を変える明晰な頭脳プレーが光った。