2019.08.30

錦織圭を超えていけ。ジュニア世界1位
・望月慎太郎は次のGS優勝を狙う

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

16歳の望月慎太郎が、USオープンのジュニアの部に挑む 2019年USオープンでは、世界ランキング1位を保持する日本人選手2人が出場している。1人は大坂なおみ。もう1人は望月慎太郎(ジュニア男子ITFランキング1位)だ。

 望月は今年、ウインブルドン・ジュニアの部に初出場だったにもかかわらず、男子シングルスで初優勝して周囲を驚かせた。ウインブルドンが望月にとって、グランドスラムのジュニア2大会目だったこともあり、なおさら衝撃的だった。

 これまで日本男子ジュニア選手が誰も獲得できなかったグランドスラムタイトルを、16歳でつかみ取った望月だが、当の本人は、歴史的な偉業をやってのけた感触はなく淡々としていた。

「快挙と言われても、そんな実感がないんですけど、ウインブルドンに限らず、まずは優勝できたことが、自分にとっての成長だと思う」

 望月が小学5~6年生の時に指導した、「TeamYUKA」代表の吉田友佳さんは、わが子のことのように望月のウインブルドン制覇を喜んだ。

「いつかはグランドスラムのジュニアで勝つ時がきて、そしてプロになるんだろうなって思っていました。ただ、グランドスラムのジュニア2大会目での優勝には、ただただびっくりしました(笑)」

 望月が優勝する瞬間に立ち会った、ジュニアデビスカップ代表監督の岩本功氏は、長年、日本男子ジュニアの海外遠征に携わってきただけに、望月がグランドスラムの頂点に達したことに関して、本人以上に感慨深げだった。

「やっとここに届いたというか、扉を開いてくれたという思いです。今まで(日本男子ジュニアはグランドスラムで)ベスト4が最高だったので、望月が結果を出したことで、ほかの選手たちもみんなできると思えるようになって今後につながると思います」

 そして望月は、ウインブルドン終了後、7月15日づけのITFジュニア男子ランキングで初の世界1位に輝いた。

 岩本監督は、望月の快挙を喜びつつも慎重な姿勢も崩さない。

「うれしいですね。16歳で世界の頂点にいったので、エリートの仲間入りかもしれないですが、エリートとはまだ認めたくない。まだ先があるので」