2019.08.29

ミスをしても錦織圭はポジティブ。
「いい時のプレーは気に入っている」

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

 USオープン(全米)2回戦で、第7シードの錦織圭(ATPランキング7位、8月26日づけ/以下同)は、ブラッドリー・クラン(108位、アメリカ)を、6-2、4-6、6-3、7-5で破り、2年連続7回目の3回戦進出を決めた。

3回戦進出を決めたが、右ひじの状態が心配される錦織圭 第1セットでは、錦織が第3、第7ゲームをブレークして28分でセットを先取。クランのバックサイドにボールを集めてミスを誘い、ラリー戦は、ほとんどのポイントで主導権を握った。ただ、第1セットを取るには取ったが、ファーストサーブの確率が35%と低く、相手のミスによってポイントを重ねられた印象が強い。

 また、第8ゲームで錦織は2回のダブルフォルトをしたが、そのうち1ポイント目のダブルフォルト直後には、錦織が右腕を上から下へ振る仕草をして、右ひじの痛みに顔をしかめる場面があった。

 第2セットも第3ゲームで錦織が先にブレーク。ブレークを決めたポイントでは、錦織が、ベースラインからコートの中へステップインして、バックのダウンザラインへの見事なウィナーを決めた。

 だが、第2セットの4-3、第8ゲームでの自分のサービスゲームで、突然集中力を落とし、精彩に欠けるプレーが増えてきた。錦織はバックハンドのミスを3本してあっという間に0-40。30-40まで挽回するものの、結局、錦織がフォアの逆クロスをミスしてブレークを許した。

 この、第8ゲームを錦織がキープして5-3にできていれば、ストレート勝利につなげられたかもしれない場面だった。

「あそこはよくなかったですね。簡単なミスも相次いでいました。リードして2セットアップにしたかった。ちょっと彼を生き返らせて、チャンスを与えてしまった。反省すべき点ではあったと思います」

 結局、第7ゲームから4ゲームを連取されて、第2セットを奪われた。

 続く第3セットは、錦織が2回のブレークを活かして取り、さらに第4セットは、錦織が第2、6ゲームをブレークして5-2。勝利まであと1ゲームとした。

 だが、第7ゲームで、錦織は1回目のマッチポイントをつかみながらも取りきれずブレークバックを許す。さらに第7ゲームから4ゲームをクランに連取されて5-5。それでも、第12ゲームで錦織が5回目のマッチポイントを制して、2時間44分の試合にピリオドを打った。