2019.04.24

大坂なおみは東京五輪に出場できるか。
日本女子テニスの新たな問題

  • 神 仁司●文・写真 text&photo by Ko Hitoshi

 女子国別対抗戦フェドカップ・ワールドグループ(以下WG)II・プレーオフ(入れ替え戦)「日本vsオランダ」で、日本(ITF国別ランキング17位)は、ホームコートアドバンテージを生かして、オランダ(同14位)を4勝0敗で破った。

オランダに勝利し、よろこぶ(左から)青山修子、土居美咲、奈良くるみ、土橋監督、穂積絵莉、日比野菜緒 2月にスペインとの1回戦で敗れたため、グループ残留をかけてプレーオフにまわった日本。シングルスで土居美咲(WTAランキング104位、4月15日づけ/以下同)が2勝、日比野菜緒(112位)が1勝を挙げ、3連勝でチームの勝利を確定させて残留を決めた。

 日本の勝利に大きく貢献した土居は、ホッとした表情を浮かべてオランダ戦を振り返り、日本がWGに留まる意義を次のように語った。

「(地域ゾーンと比べて)やっぱりモチベーションが上がります。(オランダ戦での)昨日と今日の勝利は、日本女子テニスにとっては、ものすごく希望のある勝利だったんじゃないかなと思います」

 敗れたオランダ代表のポール・ハールヒュース監督は、日本代表との力の差を素直に認めた。

「はるかに日本チームが勝っていたと思います。あそこのポイントを取っていればとか、ちょっと惜しかったねとか、そういう次元の問題ではなかった」