2019.01.14

大坂なおみは変わらないために変える。
全豪OPで「矛盾の解」を探す

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 メルボルンシティの中心部から会場へと向かう通路に、叫ぶ彼女のポスターが踊る。

 1回戦の舞台には、メインアリーナの掉尾(ちょうび)を飾るナイトセッションが用意された。

 トップ選手に課される大会開幕前の会見で、彼女の名がプレスルームにアナウンスされると、各国の記者たちはボイスレコーダーを片手にインタビュールームへと急ぐ。

 町全体が全豪オープンの色に染まりゆくなか、直近のグランドスラム優勝者である大坂なおみを取り囲む喧騒と期待は、かつてないまでに高まっていた。

リラックスした表情で会見に応じる大坂なおみ 多くの視線を浴びながら、会見室の壇上にゆっくり上がる彼女の表情には、しかしいつもと異なる感情の気色はない。シャープになった顎(アゴ)のラインや、筋肉が隆起する肩回りに、オフシーズンのトレーニングの跡が刻まれるのみである。

「この大会を迎えるにあたっての調子は?」

 その質問には笑みを浮かべ、「ここは私が予選を突破し、初めて本戦に出たグランドスラムなので、来るたびにいい気分になれる。特別な思い出がたくさん宿る場所だから」と答えた。

 全米の優勝がもたらした変化について問われると、「私自身は、何も変わったと感じない。たった3カ月で人が変わったりしたら、それって残念なことじゃない?」と返す。

「変わったことと言えば……そうね、会見がメインインタビュールームで行なわれるようになったこと!」

 あまりに無邪気なその笑顔に、記者席から笑い声があがる。大坂の代理人も、「僕からは、彼女にメディア対応の指導など、何ひとつしなかった。それでも彼女は、あれだけの自然体。本当に大したものだよ」と、うれしい驚きを覚えるほどの佇(たたず)まいだった。

 ただ、彼女が抱える変化が顔をのぞかせたのは、会見が英語から日本語に切り替わった時のことである。